ローランド・ベルガーに転職したい人がやるべきこととは

ローランド・ベルガーに転職したい人がやるべきことは、キャリアの棚卸だ。自分がいままでやってきたことを棚卸し、ローランド・ベルガーのような外資系戦略コンサルティングファームに評価されるような形に整理してアピールしなければならない。
あなたがこれまでやってきたことで、アピールできることはなんだろうか?業績不振の部門の売上をV字回復させたとか、これまで未開拓だった業界に大口のクライアントを獲得し太いパイプを形成したとか、海外拠点の開発を新規で行い軌道に乗せたとか、そういった経験はあるだろうか?多くの人が、そんな経験はないと言うだろう。それも当然のことだ。このような華やかな成功体験は、誰もが味わっているものではない。むしろ珍しい方のはずだ。
このような、第三者の目から見て明らかにすごいと感じるような経験がないからといって、ローランド・ベルガーのような外資系戦略コンサルティングファームへの転職の道が閉ざされるわけではない。このような人材がローランド・ベルガーのような外資系戦略コンサルティングファームの転職の面接を受けたとすれば、多くの場合、その転職は成功するだろう。しかし何度も言うが、こういった人材の方が稀なのだ。このような明らかな成功体験以外はアピールにならないというのは思い違いである。面接官にしても、そんなことはわかっているし過度な期待など持ち合わせていない。
だが、実際に転職しようとなると、職務経歴書に記載する内容や面接での自己アピール時に、何も誇れるような経歴はないと言わんばかりに、自分自身を彩る経歴についてありありと語ろうとする人は少なくなる。
その謙虚さは確かに美徳かもしれないが、それは私生活だけにしておこう。面接は、いかに自分が相手にとって役に立つかをプレゼンし納得させる場だ。嘘や誇張は絶対にいけないが、きらびやかな経歴以外は話のネタにならないのでしない、といった態度は最も避けるべきものだ。自分がこれまでやってきたことを、なぜそのように行ったのか、どのように考えその行動に至ったのか、論理的整合性を保ちこれを説明しよう。そしてその経験が、なぜ転職先の企業にとってプラスとなるのか腑に落ちるように説明しよう。たとえあなたの経歴が平凡なものでも、そこに至る過程をしっかりと説明でき、自社にとって利益になり得ると納得させられたのなら、ローランド・ベルガーへの転職は不可能ではない。
転職について本気なら、ローランド・ベルガー 転職のようなサイトで網羅的に必要な情報を仕入れ、さらに転職エージェントのようなプロの第三者の目で応募書類の添削や模擬面接を行えば良い。敵を知り己を知れば百戦危うからずという言葉があるように、転職先企業の情報から求められるものを推測し、自己のキャリアを棚卸して魅力的に加工(偽装ではない)すれば、憧れの企業への転職というものもぐっと現実に近づくだろう。

2016/06/18 12:18:18 |
会社ガイダンスから関わって、学科試験や個人面談とコマを進めていきますが、こういったことの他にインターンや卒業生訪問、採用担当者との面接による等の働きかけもあります。やはり、わが国の優れた技術のほとんどが、大企業ではなく、地方の中小零細企業の町工場で創造されていますし、給料も福利厚生も十分であったり、順調な経営の企業もあると聞いています。面接といわれるものには完全な正解はありませんから、どの部分が気に入られてどの部分が気に入られなかったのか、という「ものさし」は企業独特で、なんと同じ応募先でも面接官の違いで違うのが現実です。電話応対だろうと、面接試験であると位置づけて応対するべきです。逆に言えば...
2016/06/17 20:21:17 |
「好きな仕事ならばいかに辛くてもしのぐことができる」とか、「自らを高めるために振り切って過酷な仕事を選びとる」というような事例は、割とよく聞くことがあります。おしなべて企業というものは社員に対して、どれくらい有利な条件で就業してくれるのかということと、なるべく早いうちに企業の直接の利益貢献に続く能力を、使ってくれるのかだけを望んでいるのです。普通に言われる会社説明会とは、企業の側が主催する就業に関連した説明会のことで、よくセミナーとも称されます。希望する学生や求職者を募集して、会社の概略や募集の趣旨などを説くというのが普通です。働きながら転職活動を行うケースでは、周囲の人に話を聞いてもらう事自...
2016/06/17 13:13:17 |
就職が非常に難しい狭き門となっていた氷河期世代では、報道されるニュースや世間の空気にさらわれるままに「就職がある分稀有なことだ」などと、仕事する場所を決定してしまった。実は仕事探しの初期は、「採用を目指すぞ!」と本気だったけれども、続けて採用されないことばかりで、いまじゃもう担当者の話を聞くことすらできないと感じてしまうのです。アルバイト・派遣社員として生育した「職歴」を持って、様々な企業に面接を数多く受けにでかけるべきです。やはり、就職も偶然のエレメントがあるので、面接をたくさん受けることです。公共のハローワークの就職の仲介をされた人間が、そこの会社に勤務が決定すると、年齢などに対応して、そ...
2016/06/16 02:11:16 |
外資系企業は日系企業とはまた違ったものが求められているといったことを、転職活動をしていると感じる。新卒ではない者が仕事を求める場合は、バイトや派遣で「職歴」を蓄積して、あまり大きくない会社を目標として就職面接をお願いするのが、おおまかな逃げ道なのです。実際不明の番号や非通知設定の電話から電話が着たら、不安に思う心理は理解できますが、ぐっと抑えて、第一に自分の方から名前を告げるようにしましょう。一般的に企業というものは、雇用している人に利益の一切合財を割り戻してはいません。給与の相対した真の仕事(必要労働時間)は、せいぜい実施した労働の半分かそれ以下だ。通常はいわゆるハローワークの就業紹介で就職...
2016/06/15 23:32:15 |
なんといっても成長している業界には、いわゆるビジネスチャンスに出会うことがたくさんあるから、新規に事業を始めるチャンスもあるし、子会社や関連会社の設立に携わったり、新規参入する事業やチームなどを担当できる可能性が高くなる。圧迫面接という面接手法で、厳しい質問をされたような時に、何気なく怒る方もいるでしょう。そうしたい気持ちは分かりますけれども、生々しい感情を表さないようにするのは、社会的な人間としての基本事項です。「筆記するものを携行するように。」と書いてあるのなら、記述試験の懸念があるし、よくある「懇親会」と記載があるなら、小集団に分かれての討論が取り行われるケースがよくあります。現在の勤務...